神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」特別観覧 神戸市東灘区

このイベントは終了しました。

和洋折衷、重厚さの中に繊細なデザイン

神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」特別観覧 神戸市東灘区

神戸市東灘区にある神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」の特別観覧が11月2日から9日まで開催されます。事前申し込み制。

旧乾邸は、昭和11年頃、乾汽船株式会社を設立した乾新治氏の自宅として、旧住吉村(現在の東灘区の一部)の山麓部に建築。設計者は建築の名手として名を馳せた渡邊節氏。洋風を基調としながら巧みに和洋を折衷し、重厚さの中に繊細なデザインを取り込んでいる旧乾邸は、渡邊氏の代表作とも言われています。

阪神間モダニズムを象徴する大邸宅の風格がよく伝わる主屋や土蔵、さらに当時の姿を残す庭園などは非常に貴重なもので、門や塀も含め建物全体が神戸市指定有形文化財に登録されています。また、庭園も一部を除いて神戸市指定名勝となっています。

参加申し込みは9月24日から10月15日まで。往復はがきにより受付られています。応募者多数の場合は抽選。

詳細情報

期間
2020年11月2日(月)~9日(月)
①10:00~②14:00~の2回制
場所
旧乾邸(神戸市東灘区住吉山手5丁目1-30)
GoogleMapで探す
※駐車場なし
※公共交通機関で来場してください
申し込み
期間:9月24日(木)~10月15日(木)消印有効
送付先:旧乾邸管理会(〒658-0051 東灘区住吉本町3-3-4 住吉学園内)
詳細はこちら
※応募多数の場合は抽選

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる