洲本市民広場「天地開闢 ~国生み神話~ 花光る香りと舞」「淡路島大叙事詩<オデッセイア> デジタル掛け軸   一期一会」

このイベントは終了しました。

幻想的な夜を演出する光のイベント

洲本市民広場「天地開闢 ~国生み神話~ 花光る香りと舞」「淡路島大叙事詩<オデッセイア> デジタル掛け軸 一期一会」

洲本市民広場で10月16日から淡路花博20周年記念花みどりフェアプレイベントが行われます。
画像はイメージ
10月16日から19日までは、伊弉諾尊(いざなきのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二神による「国生み神話」をモチーフに、LEDフラワーの演出と香りを使った光のイベント「天地開闢 (てんちかいびゃく)~国生み神話~ 花光る香りと舞」を開催。我が国の誕生「物語」を幻想的にうつろう燈明であらわした「光」、淡路島のさまざまな場所のさまざまな声や音から生み出された「音」、香りの始まりとして縁の地である淡路島にて生み出されたお香の「香」、日本人が古来より見出してきた万物の理を空間に立ち上げ神に捧げる「舞」から“花光る香りと舞”と題し、幻想的な夜の空間を創出します。

また、10月16日から18日までは、洲本市民広場のアルチザンスクエアをキャンバスに、アーティスト長谷川章さんプロデュースによるデジタル画像作品を投影する「淡路島大叙事詩<オデッセイア> デジタル掛け軸 一期一会」を実施。

100万枚にもおよぶ色彩豊かなデジタル画像作品をランダムに投影し、その一瞬一瞬で異なる映像が地球の自転の速度で写り変わるサプライズな空間となります。映像は混ざりながら変化していくので、同じものを観れるのは千年に一度の確率だそうですよ!レンガ建物に映し出される“一期一会のアート”に、時間を忘れて釘付けになってしまいそうですね。

詳細情報

期間
2020年10月16日(金)〜19日(月)
※デジタル画像作品の投影は18日(日)まで
時間
18:00~21:30
場所
洲本市民広場
アルチザンスクエア・市立洲本図書館中庭
(洲本市塩屋 1丁目1-17)
GoogleMapで探す
※洲本市民広場周辺有料駐車場

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる