姫路市立美術館『日本画家・福田眉仙展』姫路市

初期から晩年まで、約80作品を紹介

姫路市立美術館『日本画家・福田眉仙展』姫路市

国宝・姫路城下にある姫路市立美術館(同市本町)で10月10日、企画展『日本画家・福田眉仙展』が始まります。11月15日まで。
《富士五湖》 絹本着色(六曲一双屏風) 1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
現在の兵庫県相生市(赤穂郡矢野村)に生まれ、明治から昭和にかけて活躍した日本画家・福田眉仙(ふくだ・びせん)。幼い頃から絵に親しんだ彼は、岡倉天心の勧めにより1909(明治42)年から中国に渡り、足掛け3年の滞在中、実際に目にした中国の風景を数多くのスケッチに残しました。帰国後、中国に題材をとった作品を次々と制作しており、同展では眉仙が中国滞在中に書き溜めたスケッチをもとに制作した、全巻で約250mを超える大作《支那三十図巻》のすべての巻を、前後期に分けてみることができます。

そのほか同展では、1940年に開催予定だった幻の東京五輪に向けて制作され、戦災により焼失したと考えられていた《富士五湖》の最初の作品と、1947(昭和22)年に再制作した作品を初めて同時に展示。眉仙の初期から晩年に至る作品約80点に加えて、眉仙に絵の手ほどきをした宮田其渓や、師である久保田米僊、橋本雅邦の作品なども紹介されており、その作風の形成についてもさぐることができます。

詳細情報

開催期間
2020年10月10日(土)~11月15日(日)
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
姫路市立美術館
(姫路市本町68-25)
GoogleMapで探す
休館日
月曜日
10月27日(火)・28日(水)※ただし常設展示室は開室
入館料
一般800円、高・大学生600円、小・中学生200円
問い合わせ
姫路市立美術館
TEL 079-222-2288

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる