『白鶴 灘の生一本(灘研)』期間限定発売

芳醇な香りとキレの良さですっきり

『白鶴 灘の生一本(灘研)』期間限定発売

白鶴独自開発米である白鶴錦を100%使用した純米酒『白鶴 灘の生一本(灘研)』が10月8日より期間限定で販売されます。

芳醇な香りとキレの良さを持ち、きれいですっきりとした味わいのこちらの商品は、「灘酒研究会」が行う灘酒の品質向上を目的とした「灘酒プロジェクト」に認定され、昨年から各商品が「GI『灘五郷』」のロゴが表記されています。

灘五郷の単一の製造場のみで醸造した純米酒が「灘の生一本」と呼ばれ、今年は、灘酒研究会の中の酒造メーカー9社(大関、菊正宗酒造、剣菱酒造、小山本家酒造、櫻正宗、沢の鶴、辰馬本家酒造、日本盛、白鶴酒造)が、各社の技術で醸した「灘の生一本」シリーズを発売するそうです。

詳細情報

期間
2020年10月8日(木)~2021年2月
商品
白鶴 灘の生一本(灘研)
720ml・参考小売価格 1,170円(税別)

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
アルコール分:15度以上16度未満
日本酒度:+2/酸度:1.6
アミノ酸度:1.1/精米歩合:50%

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる