柳田國男・松岡家記念館『映丘が描いた歴史画』福崎町

やまと絵の色彩美を堪能

柳田國男・松岡家記念館『映丘が描いた歴史画』福崎町

神崎郡福崎町生まれの画家・松岡映丘の秋季画稿展『映丘が描いた歴史画』が10月3日から11月29日、福崎町立柳田國男・松岡家記念館(同町西田原)で開催されます。入館は無料。

松岡映丘は、「日本民俗学の父」と呼ばれる柳田國男や、昭和9年に75歳で没するまで長く地方行政に貢献したことなどで知られる松岡鼎(かなえ)など、それぞれの分野でその才能を開花させた松岡家8人兄弟の八男。幼少期より絵を得意とし、武者絵への興味から始まり、やがて日本的な主題や画風を濃密な色彩で描きあらわした「やまと絵」を描くようになったとされています。
「村上義光」
この秋季展は、同館が収蔵する約1200点の画稿から、「村上義光」をはじめとする歴史上の人物や出来事を題材とした作品を紹介。やまと絵の世界や、その色彩美に触れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

開催期間
2020年10月3日(土)~11月29日(日)
時間
9:00~16:30(入館は16:00まで)
場所
福崎町立柳田國男・松岡家記念館
(神崎郡福崎町西田原1038-12)
GoogleMapで探す
入館料
無料
休館日
月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日(土・日曜の場合は開館)
問い合わせ
福崎町立柳田國男・松岡家記念館
TEL 0790-22-1000
kinenkan@town.fukusaki.lg.jp

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる