さんなん住民センター『レプリカ作成セミナー』 丹波市

恐竜の歯を観察しよう!

さんなん住民センター『レプリカ作成セミナー』 丹波市

恐竜ワークショップ『レプリカ作成セミナー』が9月20日、丹波竜化石工房ちーたんの館と同敷地内にある「さんなん住民センター」(丹波市)で開催されます。対象は小学校3年生以上となっており、参加には事前予約が必要です。

2006年8月7日の丹波竜化石の発見を機に幾度も発掘調査が行われており、3万6千点以上の化石が発見されている丹波市山南町の篠山層群。2019年1~3月の大規模発掘調査では、なんと世界最小の恐竜卵を発見!骨化石だけでは未知だった多様な小型恐竜相が明らかになり、大きく注目を集めています。

このワークショップでは、恐竜の歯のレプリカを作成し、出来上がった歯を観察・比較することでどんな恐竜の歯なのかを考えたり、化石を研究する「古生物学」について学んだりと、恐竜好きの子ども心をくすぐるプログラムが満載。さらに、世界で唯一の丹波竜全身骨格や様々な恐竜の全身骨格レプリカ、卵化石などを展示する「丹波竜化石工房ちーたんの館」の見どころも紹介されるので、同行する大人も楽しめそうです。

詳細情報

開催日
2020年9月20日(日)
時間
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:00~15:00
場所
さんなん住民センター
(丹波市山南町谷川1110)
GoogleMapで探す
※丹波竜化石工房ちーたんの館と同敷地内
対象
小学校3年生以上
料金
1人600円
※同伴する保護者は子ども1人につき1人まで
予約・問い合わせ
丹波市役所 恐竜課
TEL 0795-77-1887

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる