劇場 波乗亭 杮落とし公演『淡路の月に誓う』淡路市

題材は兵庫県淡路島に古くから伝わる「松王丸伝説」

劇場 波乗亭 杮落とし公演『淡路の月に誓う』淡路市

8月1日、和楽や演劇などの日本の文化を発信する劇場を併設したレストラン『青海波 -SEIKAIHA-』が淡路市にオープンします。

併設される劇場「波乗亭(なみのりてい)」では同日より、杮落とし公演『淡路の月に誓う』が上演されます。現在チケット販売中。

同公演は、作・演出・振付に宝塚歌劇団出身で宝塚歌劇団や劇団四季の演出・脚本・振付等を担当する演出振付家・謝珠栄氏のほか、劇団四季「CATS」でランパスキャット役を演じた高橋伊久磨氏、劇団四季「ライオンキング」でシンバ役を通算1200回演じた友石竜也氏らが手がけます。兵庫県淡路島に古くから伝わる「松王丸伝説」を題材に、平清盛の夢を叶えるために命をかけた武士たちの青春群像劇をオリジナルストーリーで展開されるそうです。
青の舎 ランチコース(小鉢・天麩羅・茶碗蒸し・寿司・汁物)
公演チケットのみの購入も可能ですが、公演とランチがセットになったプランもオススメ!和食レストラン・青の舎と洋食レストラン・海の舎から選べる2種類のランチコース、海の舎のカフェセットが用意されています。
海の舎 ランチコース(サラダ・スープ・メイン・ライスorパン・デザート)

8月1日~16日はオープン記念として、青の舎・海の舎でランチ・ディナー共に、コースを中心とした期間限定メニューが提供されるそうです。

劇場「波乗亭」では、有名劇団出身の演出家やゲストを招いた舞台や、日本の伝統文化である和楽やアニメ等を取り入れた淡路島を題材にしたオリジナル演目等を月替わりで上演予定。今後の演目・スケジュールは随時発表されるので、月ごとに公式サイトをご確認くださいね。

<『淡路の月に誓う』ストーリー>
淡路島、絵島の上で誓った、平清盛が描く新都。それは宋国との交易によって富を得、皇族貴族ではなく武士たちの力で、福原(現在の神戸市)の地に都を築くというものだった。壮大な構想に魅せられ胸を躍らす、名もなき兵庫の見習い武士たち。彼らは、新都に不可欠な大輪田泊(現在の神戸港)の完成に挑む。ところが、“ちぬの海(現在の大阪湾)” の波は速く、海の竜神が暴れ狂い、埋め立てた堤防を流し去ってしまう。淡路島と神戸を舞台に、清盛の夢を実現しようと、多くの犠牲を出しながらも進み続ける、不動丸率いる見習い武士と淡路の水軍衆。そして、松王丸に運命の時が近づく…

詳細情報

期間
2020年8月1日(土)~31日(月)
※木曜定休
※要予約
場所
青海波 -SEIKAIHA-
劇場:波乗亭
和食レストラン:青の舎
洋食レストラン:海の舎

淡路市野島大川70
GoogleMapで探す
営業時間
平日 11:00〜21:00(L.O.20:00)
土日 10:30〜21:00(L.O.20:00)
駐車場
約50台 ※別途、臨時駐車場あり
料金
<公演チケットのみ>
大人 4,000円、子ども(4~12歳)2,000円

<公演チケット+食事>
・青の舎 ランチプラン 7,500円(税別)
 入店時間:OPEN〜12:30

・海の舎 ランチプラン 7,500円(税別)
 入店時間:OPEN〜12:30

・海の舎 カフェプラン 6,000円(税別)
 入店時間:15:00〜17:00

予約はこちらから
問い合わせ
株式会社パソナグループ
seikaiha@awaji-resort.com

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む