『倚松庵納涼夕涼み』神戸市東灘区

小説「細雪」の世界で夕涼み

『倚松庵納涼夕涼み』神戸市東灘区

神戸ゆかりの文豪・谷崎潤一郎が居住し、小説「細雪」の舞台となった「倚松庵(いしょうあん)」で8月13日と14日、『納涼夕涼み』が開催されます。
倚松庵(いしょうあん)
同所は谷崎潤一郎が1936年(昭和11年)から1943年(昭和18年)まで居住し、松子夫人やその妹たちをモデルとした小説「細雪」の舞台となりました。庵内には著書や参考文献等を集めた「谷崎文庫」が併設され、「文学の庵(いおり)」として、谷崎文学の世界に親しんでもらおうと、市民や観光客にむけて開館しています。

当日は庭園灯による庭園のライトアップが実施されるほか、間接照明による柔らかな光が演出する応接間など、静かな夏の夕暮れ時のひと時を楽しめます。

詳細情報

日程
2020年8月13日(木)・14日(金)
時間
16:00~20:00
場所
倚松庵
(東灘区住吉東町1丁目6-50)
GoogleMapで探す
参加費
無料
申し込み
不要
問い合わせ
神戸市事業・イベント案内センター
TEL 078-333-3372

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む