今年5月に誕生した『喫茶と画廊 gecko』加古川市

ゆったりとした時間が流れる空間で、ほっとひと息

今年5月に誕生した『喫茶と画廊 gecko』加古川市

今年5月、加古川市平岡町に納屋を改装した小さなギャラリーカフェ『喫茶と画廊 gecko(ゲッコー)』がオープン。洗練されながらも温もりある店内と料理で心落ち着くほっこりカフェです。

JR立花駅近くの線路沿いにある小さな白いカフェ「TeToTe(尼崎市)」の奥さんと娘さんがはじめられたお店だそうで、店名“gecko”は工事の際に現れたヤモリ(英語:“gecko)が由来になったとか。
出典:喫茶と画廊 gecko Twitter
フード・ドリンク・デザートを提供するカフェスペースの横には、作家さんの作品を展示するギャラリースペース。このほっこり空間にマッチする作家さんが代わり替わり登場しています。作家さんの出展スケジュールはSNSをチェックしてくださいね!
キッシュプレート 1,000円
今日のコッペサンド 1,000円
フードメニューには、トマトや玉ねぎなどの具材がぎっしりのボリューミーなキッシュプレートや、ハンバーガーのような丸型のパンを使った日替わりのコッペサンド、クセになるスパイシーな辛さがたまらないエスニック風チキンライス、旨味たっぷりの大根と鶏肉のスパイスカレーがラインナップ。それぞれにサラダ、4種類のマリネ、野菜のポタージュがセットになっています。※カレーはサラダ・マリネのみ
バスクチーズケーキ 500円
四角型で手作りされた一番人気のバスクチーズケーキは、しっとりとした食感とチーズの芳醇な香り!甘さと苦みのバランスが絶妙な抹茶フレーバーもあるそうですよ。そのほか、アップルパイや苺とホワイトチョコのマーブルシフォンも。
季節のソーダ(写真は赤紫蘇) 500円
コーヒーや紅茶、自家製ドリンクと一緒にどうぞ。コーヒーは明石にある自家焙煎コーヒー・GASSEのオリジナルブレンドで、苦味・酸味のバランスがとれた、あと味にキレのある一杯です。その時期に合わせた自家製シロップで作るさっぱりした季節のソーダもおすすめ!フードやスイーツと一緒にドリンクを注文するとドリンクが150円引きになりますよ!
自家製ジンジャーエール 500円
冷たいドリンクはテイクアウトもOK。


そして、テイクアウト人気商品はこちら。なんとも言えない表情が愛らしいパンダクッキーとくまクッキーです。バニラとココア味のパンダさんと、ほろ苦抹茶味のクマさん。ひとつひとつ微妙に違う表情を愛でながら味わいたいですね。

詳細情報

店舗
喫茶と画廊 gecko
(加古川市平岡町土山1073-1)
GoogleMapで探す
営業時間
11:00〜17:00
定休日
水・木曜日
予約・問い合わせ
TEL 078-585-9774

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む