JR神戸線 芦屋駅 リニューアル

芦屋ならではのクラシカルなデザインに

JR神戸線 芦屋駅 リニューアル

「人と、まちと、美しく調和する。NEW ASHIYA STATION」をコンセプトに、JR神戸線 芦屋駅がリニューアル!今年8月より着工、2023年度に完成予定とのことです。
完成イメージ(南口全体外観)
国際文化住宅都市として築き上げてきた芦屋の歴史、文化との調和を図ったデザインに生まれ変わります。「阪神間モダニズム」に代表される文化的建築物の特徴を継承しつつ、新しい芦屋を印象付ける現代的でまちに開いた駅舎デザインとなるそうです。
完成イメージ(南口コンコース)
増築駅舎内には幅員約6mの明るく開放的なコンコースが登場し、芦屋ならではのクラシカルな意匠を取り入れ、快適で品格のある空間を演出。これまで不便だった御手洗の改良や、ホームへのエスカレーター設置が行われます。エスカレーターは、各ホームに上下、北口・南口へ上下1基ずつ計8基を新設。

ホームへのエスカレーター新設工事中は、改札奥側(東側)の各ホームへの階段などが狭くなるため、お気をつけてご利用ください。全体の完成2023年ですが、現駅舎内の施設は段階的に使用を開始されるそうです。

詳細情報

日程
2020年8月着工
2021年度末増築部駅舎暫定使用開始(南口エスカレーターを除く)
2023年度全体完成(現駅舎内の施設は段階的に使用開始します)
場所
JR神戸線 芦屋駅
(芦屋市船戸町1)
GoogleMapで探す

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む