丹波竜化石工房ちーたんの館『2020夏期特別展「角竜の進化」』 丹波市

トリケラトプスなど角竜の歴史を紹介 ワークショップも

丹波竜化石工房ちーたんの館『2020夏期特別展「角竜の進化」』 丹波市

丹波竜化石工房ちーたんの館(丹波市)で7月23日から2020夏期特別展『角竜の進化』がスタート!期間は8月31日まで。

丹波市山南町に分布する前期白亜紀の地層である篠山層群では、2006年8月7日の丹波竜化石の発見を機に幾度も発掘調査が行われており、3万6千点以上の化石が発見されています。これまでに様々な恐竜の歯や卵化石も多数発見されており、丹波竜以外にも多様な恐竜が生息していたことが判明!大きく注目を集めています。

同館では、世界で唯一の丹波竜全身骨格や様々な恐竜の全身骨格レプリカ、卵化石など、多彩な展示を楽しむことができます。夏休み期間に合わせて始まる2020夏期特別展『角竜の進化』では、トリケラトプスに代表されるような、大きなツノとフリル(えりかざり)をもつ植物食恐竜の1グループ「角竜」に注目。

中生代の北半球を舞台に、アジアから北米へと広がりながら、白亜紀の終わりに滅んでいった角竜たちの進化を紹介します。また、兵庫県をはじめとして、石川県や鹿児島県で発見された日本の角竜化石も一挙公開されており、恐竜好きの子どもから大人まで幅広く楽しめそうですね。

そのほか、恐竜など古生物について楽しく学ぶセミナー&ワークショップも開催。恐竜フィギュア塗装体験(7月25日)や、粘土でつくる恐竜フィギュア作成体験(8月23日)、石こうから実物化石を掘り出す「化石クリーニング体験セミナー」(8月30日)などが予定されています。参加には事前申し込みが必要なので、公式サイトをご確認ください。

詳細情報

開催期間
2020年7月23日(木)〜8月31日(月)
時間
10:00~17:00
※入館は16:30まで
場所
丹波竜化石工房ちーたんの館
(丹波市山南町谷川1110)
GoogleMapで探す
入館料
大人(高校生以上)210円、小中学生100円
休館日
2020年7月27日(月)
問い合わせ
丹波竜化石工房ちーたんの館
TEL 0795-77-1887

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む