明石市立天文科学館『石で巡る太陽系展』明石市

地球や生命の歴史を教えてくれる石

明石市立天文科学館『石で巡る太陽系展』明石市

明石市立天文科学館で8月30日まで『石で巡る太陽系展』が開催されています。

地球に玄武岩や花崗岩などいろいろな石があるように、太陽系の天体にも石があります。地球の外からやってくる隕石からは、太陽系など宇宙の歴史を知ることもできます。

同展では兵庫県最大の石の博物館「玄武洞ミュージアム」の協力のもと、地球を作る石・太陽系の天体を作る石など貴重な石を多数ご紹介。神戸隕石、竹内隕石(レプリカ)、岡野隕石(レプリカ)といった兵庫県内に落下した3つの隕石の紹介も行われていますよ!いろんな石とともに太陽系を巡りましょう!

詳細情報

期間
2020年7月18日(土)〜8月30日(日)
※8月11日(火)・12日(水)は臨時開館
※8月8日(土)~16日(日)のプラネタリウムは、全回定員120名の事前予約制。詳しくは公式サイトをご確認下さい。
場所
明石市立天文科学館
(兵庫県明石市人丸町2-6)
GoogleMapで探す
休館日
月曜日、第2火曜日
時間
9:30〜17:00(最終入館16:30)
入館料
700円、高校生以下無料
問い合わせ
明石市立天文科学館
TEL 078-919-5000

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む