映画『MOTHER マザー』

すべてを狂わせるこの女、聖母(マリア)か。怪物(モンスター)か。

映画『MOTHER マザー』

実際に起こった、少年による祖父母殺害事件をもとに描く映画『MOTHER マザー』が7月3日より公開されます。
©️2020「MOTHER」製作委員会
社会の闇へ落ちていく自由奔放なシングルマザー・秋子を演じるのは長澤まさみ。ハードな題材の作品ゆえに撮影現場の空気も重くなるのかと思われましたが、大森監督をはじめ和やかな空気感で、役者陣の素直な気持ちを最大限に反映させた演技が映像におさめられているそうです。

<ストーリー>昼間からゲームセンターで飲んだくれていたシングルマザーの秋子(長澤まさみ)はある日、ホストの遼(阿部サダヲ)と出会う。二人は意気投合し、遼は秋子のアパートに入り浸るようになる。遼が来てから、秋子は生活保護費を使い切ってしまうばかりか、一人残した幼い息子周平(郡司翔)を学校にも通わせず、遼と出かけたまま何週間もアパートを空ける始末だった。周平が残された部屋の電気もガスも止められた頃、帰ってきた秋子と遼は、以前から秋子に気があった市役所職員の宇治田(皆川猿時)を脅して金を手に入れようと目論んでいた。しかし遼が誤って宇治田を刺してしまい、一家はラブホテルを転々とする逃亡生活を余儀なくされることに…。

詳細情報

公開日
2020年7月3日(金)
監督
大森立嗣
脚本
大森立嗣、港岳彦
出演
長澤まさみ、奥平大兼、阿部サダヲ、夏帆、皆川猿時 他
配給
スターサンズ、KADOKAWA
劇場(兵庫)
OSシネマズミント神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ三田ウッディタウン
イオンシネマ明石
アースシネマズ姫路
イオンシネマ加古川

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む