神戸市立王子動物園で生まれたアムールヒョウ「トライ」横浜へ

これからも元気にすくすくと育ってくれますように!

神戸市立王子動物園で生まれたアムールヒョウ「トライ」横浜へ

神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で昨年7月に誕生したアムールヒョウの赤ちゃん3頭のうち、「トライ」が6月30日によこはま動物園ズーラシア(横浜市)に移動することが発表されました。
トライ

父親「アニュイ」と母親「セイラ」の間に誕生した赤ちゃんは、来園者を対象に名前募集が行われ、投票数の多さから、神戸会場でも開催されたラグビーW杯にちなんだ名前、スク(メス)、ラム(メス)、トライ(オス)に決定。同園でたくさんの人々を楽しませています。
スク(メス)、ラム(メス)、トライ(オス)
アムールヒョウは、野生下で100頭余りしか生息が確認されていない絶滅危惧種。王子動物園は、公益財団法人日本動物園水族館協会によるアムールヒョウ管理計画に基づき繁殖に取り組んでおり、他動物園への転出が決定したということです。

現在入園制限が行われ、7月5日までの入園申し込みはすでに終了しているため、移動前日6月29日までの当選者のみお別れができることになります。王子動物園で生まれたトライ君がいなくなってしまうのは寂しいですが、横浜の動物園でもきっとたくさんの人々を楽しませてくれるでしょうね。これからも元気にすくすくと育ってくれますように!

この記事をシェア

お気に入り
場所
神戸市立王子動物園
(神戸市灘区王子町3丁目1)
GoogleMapで探す
入園制限について
7月6日以降の抽選は6月25日ごろを予定
詳細はこちらを確認
問い合わせ
TEL 078-861-5624

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む