神戸ゆかりの美術館 『水彩画家 生誕120年 別車博資展』神戸市東灘区

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

神戸ゆかりの美術館 『水彩画家 生誕120年 別車博資展』神戸市東灘区

日本水彩画史の重鎮、生誕120年展

神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)は7月26日まで、 神戸市兵庫区出身の水彩画家・別車博資(べっしゃ・ひろすけ)をピックアップした『水彩画家 生誕120年 別車博資展』を開催しています。

日本水彩画史の重鎮・別車は、二科会、その後は一水会、日本水彩画会へ出品を続け、兵庫県立工業学校(現・県立兵庫工業高等学校)に学び、同校の教諭を勤めました。水彩による風景を得意とし、神戸をはじめ兵庫県下の風物を多く描いています。別車の作品は、遺族より複数回、神戸市立博物館に作品や旧蔵品が数多く寄贈されていますが、2000年開催の「生誕100年展」以降、美術館において本格的な展覧会は開催されていませんでした。
出典:神戸ゆかりの美術館公式サイト出典:神戸ゆかりの美術館公式サイト
そこで今回、神戸ゆかりの美術館で別車博資の生誕120年企画を開催。神戸市立博物館と個人のコレクション、そして兵庫県立兵庫工業高等学校の弟子筋にあたる神戸市文化賞受賞作家・上尾忠生と田中徳喜の作品(神戸ゆかりの美術館収蔵)など彼をとりまく縦横の作家たちとあわせて紹介されています。

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため5月18日まで臨時休館。同展の開催期間は当初6月28日までの予定まででしたが、7月26日まで延長されています。

<新型コロナウィルス感染症拡大防止対策について>
ご来館前にこちらをご確認ください。

詳細情報

期間
前期:5月19日(火)~6月21日(日)
後期:6月23日(火)~7月26日(日)
場所
神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2丁目9-1)
GoogleMapで探す
時間
10:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
料金
一般200円、大学生・65歳以上100円

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる