明石市立文化博物館 春季特別展『あんびるやすこ作品展』紹介動画を公開

このイベントは終了しました。

華やかなテーマで女の子に人気の物語

明石市立文化博物館 春季特別展『あんびるやすこ作品展』紹介動画を公開

明石市立文化博物館は、4月4日から5月17日まで開催予定であった春季特別展『あんびるやすこ作品展』の紹介動画を6月27日までの期間限定で公開しています。
©️2020 Yasuko Ambiru

同館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため4月11日より臨時休業となり、多くの人が楽しみにしていた「あんびるやすこ作品展」は、わずか7日間の開催となりました。そこで、“開催を心待ちにしてくださっていた皆様へ少しでも展覧会の魅力が伝われば”と担当学芸員が紹介動画を作成し、5月28日より公開されています。

あんびるやすこさんは、おさいほう魔女のシルクと召使いねこコットン、人間の女の子ナナが活躍する「なんでも魔女商会」や、2人の女の子が店長を勤める森のお菓子屋さんが舞台の「ルルとララ」、ハーブ魔女の遺産を相続した人間の女の子ジャレットが主人公の「魔法の庭ものがたり」、新シリーズ「ムーンヒルズ魔法宝石店」などの本を手掛ける児童文学作家・画家。女の子から人気を集める物語は「魔法」「ドレス」「お菓子作り」「ハーブ」「ジュエリー」など華やかなテーマで繰り広げられ、“思いやり”や“がんばることの大切さ”が語られています。

今回公開された動画では、約100点の原画、制作過程のスケッチ、作家愛用の道具などが展示された同展から、その①「なんでも魔女商会」「ルルとララ」、その②「魔法の庭ものがたり」「ムーンヒルズ魔法宝石店」などの2本立てで構成。会場の様子を映しながら作品紹介が行われています。会場に行けなかった方も、動画を通してあんびるやすこさんの魅力を感じられそうです。

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む