神戸北野の異人館・風見鶏の館とラインの館 公開再開

異国情緒あふれる神戸北野エリアで優雅なひと時を

神戸北野の異人館・風見鶏の館とラインの館 公開再開

神戸北野の異人館・風見鶏の館とラインの館(神戸市中央区)が6月1日より公開を再開します。
風見鶏の館 ©︎一般財団法人神戸観光局
かつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏(G.Thomas)が自邸として建てた建物で、レンガ外壁が他の異人館と異なった重厚な雰囲気をもつ「風見鶏の館」と、耐震対策・保存修理工事を行い昨年4月に約4年ぶりに開館し、クリーム色の外壁に映える赤茶色が印象的な大正初期の建築「ラインの館」。
ラインの館
両館は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため4月9日より臨時休館されており、約50日ぶりの公開となります。当面の間、開館時間は通常より短縮して9時半~17時半まで、館内イベント・団体見学の受付は休止中。ラインの館のタッチパネル・記念撮影コーナーでの貸衣装の使用も中止となっています。

消毒・清掃・歓喜の徹底、飛沫防止ビニールの設置など感染防止の対策が行われるほか、来館者にはマスクの着用やアルコール消毒液による手指の消毒、体温測定への協力が求められます。また、入場者が多い場合は入場制限が行われるそうです。

詳細情報

風見鶏の館
神戸市中央区北野町3-13-3
GoogleMapで探す
9:30~17:30
定休日:2・6月の第1火曜日(祝日の場合、翌日休み)
TEL 078-242-3223
ラインの館
神戸市中央区北野町2-10-24
GoogleMapで探す
9:30~17:30
定休日:2・6月の第3木曜日(祝日の場合、翌日休み)
TEL 078-222-3403

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む