神戸市「TikTok」の公式アカウントを開設

第1弾は、王子動物園の動物たちの「癒し」の動画5本

神戸市「TikTok」の公式アカウントを開設

神戸市は、現在不要不急の外出自粛により子どもたちが自宅で過ごす時間が多くなっていることから、自宅で過ごす時間が少しでも充実したものになるよう、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」を活用した動画発信を4月下旬より開始しました。
イメージ
「TikTok」は60秒までの動画をスマートフォン・タブレットで視聴や投稿ができるアプリケーションです。世界150の国と地域で楽しまれていて、昨年末には世界で16億ダウンロードを突破しています。

配信第1弾は、神戸市立王子動物園の動物たちの「癒し」の動画5本を発信。スマートフォンで見やすい縦画面の動画を撮影し、ワクワクロックンロールバンド・ワタナベフラワーが歌う王子動物園テーマソング「ずーっといっしょ」にのせて、15秒前後の短い動画になっているそうです。今後の取り組みとしては、須磨海浜水族園の生きものや青少年科学館の展示物等について、「癒し」や「学び」につながる動画配信に加え、若年層に向けた新型コロナウイルス感染症対策に関する啓発動画等の発信を検討しているとのこと。

この記事をシェア

お気に入り
配信開始
2020年4月24日(金)
アカウント名
神戸市/KOBE City(アカウントID:kobecity_pr_official)

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む