ハチ高原『いつ来ても、いつ帰っても良いキャンプ』 養父市

掲載情報は取材時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

子どもたちもストレス発散を

ハチ高原『いつ来ても、いつ帰っても良いキャンプ』 養父市

 長い春休みに退屈する子どもたちのために、ハチ高原(養父市)を舞台にしたキャンプ企画『いつ来ても、いつ帰っても良いキャンプ』が行われています。4月14日までの毎日開催されており、希望があれば何泊でも参加することができます。

 新型コロナウイルスの感染予防を目的とした休校措置などにより、ストレスを抱えた子どもたちの気分転換になればと企画されたこのイベント。小学校1~6年生を対象に、期間中はいつ来てもいつ帰っても自由に参加することができます。基本的にはイベント公式サイトなどから申し込みが必要ですが、定員に空きがあれば当日参加も受け付けるとのこと。残り雪での雪遊びや木の笛作り、パラグライダー教室、テント宿泊体験など多彩なプログラムから、参加した子どもたちが話し合って実施する内容を決めます。子どもたちが初春のハチ高原を舞台に思いっきり走り回り、息抜きができる楽しいイベントになりそうですね。

 なお、プログラムの実施に際しては、新型コロナウイルス対策として受付時の検温のほか、手洗いやうがい、検温などが随時行われるとのことです。

写真

この記事をシェア

お気に入り
開催期間
2020年3月20日(金)~4月14日(火)
時間
受付 9:00~10:00
解散 14:00ごろ
受付場所
ホテルプラトーこのはな ロビー
(養父市丹戸909-1 ハチ高原内)
GoogleMapで探す
参加料
6,000円(税込)×宿泊日数
※例 2泊の場合6,000円×2泊=12,000円

【参加費に含まれるもの】
1日目の昼食・夕食、翌日の朝食・昼食、保険代(傷害保険)、体験用具・体験費用

【参加費に含まれないもの】
送迎費用(途中で体調を崩された場合お迎えをお願いする場合あり)
対象
小学1~6年生
参加方法
事前にイベント申し込みサイトなどから予約が必要
※毎日先着40人まで受付
問い合わせ
木の花観光株式会社(このはな)
TEL 079-667-7111

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む