【公開延期】映画『フェアウェル』

掲載情報は取材時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

「さよなら」の代わりに家族が伝えたこととは?

【公開延期】映画『フェアウェル』

ある“嘘”から生まれた心温まる家族の感動の実話を描く『フェアウェル』が近日公開されます。
©2019 BIG BEACH, LCC. ALL RIGHTS RESERVED.
「2019年に注目すべき監督10人」(バラエティ誌)に選ばれるなど今注目の新鋭アジア系女性監督ルル・ワンが脚本も手がけ、家族の在り方とそれぞれの生き方がリアルに繊細に描かれています。

昨年7月にわずか全米4館で公開された関わらず、全米10位にランクインするという驚異的なヒットを記録し話題に。さらに先日の「第77回ゴールデングローブ賞」において祖母を愛してやまない孫娘のビリー役を演じたオークワフィナさんが主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞し、アジア系女優では初という快挙を成し遂げました。注目の映画スタジオ「A24」が贈る話題作『フェアウェル』、日本でも公開を待ちわびる人は多そうですね。

<ストーリー>NYに暮らすビリー(オークワフィナ)は家族と一緒に、ガンで余命3ヶ月と宣告された祖母ナイナイ(チャオ・シュウチェン)に最後に会うため中国に帰郷する。家族は病気のことを本人に悟られないようにと、集まる口実としていとこの結婚式をでっち上げていた。ビリーはちゃんと真実を伝えるべきだと訴えるが、家族は悲しませたくないと反対。葛藤の中で過ごす数日間、うまく行かない人生に悩んでいたビリーは、明るく愛情深いナイナイと過ごすうちに生きる力を受け取っていく。ついに訪れた帰国の朝、彼女たちがたどり着いた答えとは―。

【公開延期について】
2020年4月10日(金)より公開を予定しておりました『フェアウェル』につきまして、新型コロナウィルス感染拡大に伴う各行政機関の発表や方針、およびご来場のお客様の安全と健康を鑑みまして、公開を延期することを決定いたしました。と公式サイトで発表されました。詳細はこちら

この記事をシェア

お気に入り
公開日
近日公開
監督・脚本
ルル・ワン
出演
オークワフィナ、ツィ・マー、ダイアナ・リン、チャオ・シュウチェン
配給
ショウゲート
劇場(兵庫)
OSシネマズミント神戸
TOHOシネマズ 西宮OS
アースシネマズ姫路

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む