新型コロナウイルス感染症拡大防止 兵庫県内でも臨時休業相次ぐ

大丸神戸店、スマスイ、王子動物園など

新型コロナウイルス感染症拡大防止 兵庫県内でも臨時休業相次ぐ

 国内外での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症拡大を防止するため、兵庫県内の施設などが相次いで臨時休業の発表をしている。

 2月28日17時の時点では、神戸市立須磨海浜水族園(3月3日から15日まで)、神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール(2月29日から3月15日まで)、神戸市立王子動物園(3月3日から15日まで、一部施設)、神戸ファッション美術館(3月3日から15日まで)、神戸市立博物館(3月2日から16日まで)、キッザニア甲子園(3月2日より)、バンドー神戸青少年科学館(3月3日から15日)といった施設が「来園者とスタッフの安全を考慮」などの理由で休業を発表。

 大丸神戸店は3月3日から24日までの毎週火曜日を緊急対応策として休館、神戸阪急は3月2日から17日までの間、営業時間を11時から19時までに短縮する(新館2階「味の一番街」は通常営業)。

 また、兵庫県内で開催予定のJリーグ、Bリーグなども延期が発表されている。

 そのほか、デザイン・クリエイティブセンター神戸『オープンKIITO 2020』(3月14日)、『第19回 かすみ・かに感謝祭』(3月8日)、神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ『第44回 ワインフェスティバル』(3月8日)、みなとのもり公園『みなと兵庫リレーマラソン 3rd』(3月22日)など様々なイベントの中止も相次いでいる。

 各施設の休業・休園期間やイベント開催日時、対応などの詳細については各公式サイトで確認を。

※Kiss PRESS(こちら)より開催中止となっているイベント(すでに公開していた記事で、現在編集部にて確認できているもの)を随時ご確認いただけます。
※開催・公開延期等はこちらより

写真

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:永山

PR

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。
夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

続きを読む