兵庫初出店『宇治園 喫茶去』芦屋にオープン

抹茶・ほうじ茶を贅沢に使用したラテやスイーツ

兵庫初出店『宇治園 喫茶去』芦屋にオープン

 明治2年創業のお茶専門店が手掛ける甘味喫茶『宇治園 喫茶去(きっさこ)』が3月13日、JR芦屋駅の商業施設モンテメールにオープンする。大阪にある心斎橋店・阪急三番街店に続く3店舗目。

 様々なお茶をはじめ、お茶を使った商品を中心とした和のスイーツを販売する「宇治園」。同ブランドのキャラクター「小佳女(おかめ)」「火男(ひょっとこ)」のイラストが描かれた“レトロかわいい”パッケージでも知られ、ちょっとしたプレゼントやお土産としても人気を集めている。

 宇治園 喫茶去では、本格的なお茶はもとより、厳選した抹茶・ほうじ茶を贅沢に使用したラテやスイーツが楽しめる。通年人気の抹茶・ほうじ茶パフェやティラミス、あんみつ、宇治金時かき氷(夏季限定)のほか、麺に抹茶をねり込んだ生茶麺も提供。落ち着いた和の空間でひと時の癒しの時間を過ごすことができる。

写真

この記事をシェア

お気に入り
オープン日
2020年3月13日(金)
店舗
宇治園 喫茶去
(芦屋市船戸町1-29 モンテメール内)
GoogleMapで探す
営業時間
10:00〜20:00

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む