今年のいかなごの新子漁が2月29日より解禁

神戸の春の風物詩 令和初のいかなご

今年のいかなごの新子漁が2月29日より解禁

 春の風物詩であるイカナゴの新子漁が2月29日に解禁されることとなった。昨年は3月5日だったが、今年は約1週間早い解禁となる。

 兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターのいかなご漁況情報によると、今年も2018年、2019年と同様に少なめだという。また、初値は2017年にキロ約4000円の値が付いたが、その後は、2018年が約1900円、2019年が約2700円と推移している。なお漁の終了日は未定(昨年は3月25日)。

 解禁日初日の魚の棚商店街(明石市)では、毎年朝8時前から新子を求める大勢の客で賑わいを見せるのが風物詩となっている。

写真

この記事をシェア

お気に入り
解禁日
2020年2月29日(土)

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む