『畑原市場大感謝会』 神戸市灘区

水道筋最古の市場が閉場 メモリアルイベント開催

 神戸市灘区の畑原市場で2月15日、市場の閉場に伴って企画された『大感謝会』が始まる。3月31日まで。

 畑原市場は、500余の店が集まる神戸有数の商業地として知られる「水道筋商店街」の一角にある水道筋最古の市場。大正7年(1918年)に創設され、新鮮な食材などを取り扱うフードストリートとして愛されてきたが、市が「密集市街地再生方針」に基づき取り組む防災まちづくり事業の一環としてこの3月の閉場が決まった。

 期間中は、「畑原メモリアルシャッター」としてシャッターアートが繰り広げられるほか、畑原市場の高級食材を堪能する「西灘オトナ食い食堂」(2月15日・3月7日)や、プロのカメラマンがスナップ撮影技法を教える「街撮り教室」(2月16日・22日、3月14日・28日)、天ぷら・コロッケ・刺身といった水道筋グルメを味わう試食ツアー「つまみ食いさよならツアー」(3月20日・29日)など多数のイベントが企画されている。

開催期間
2020年2月15日(土)~3月31日(火)
※イベントにより異なる
場所
畑原市場
(神戸市灘区倉石通2-2-2)
GoogleMapで探す

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む