神戸阪急『キルト&手しごと展』神戸市中央区

掲載情報は取材時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

キルト作家39人の作品が一堂に

神戸阪急『キルト&手しごと展』神戸市中央区

 2月26日から3月2日まで、神戸阪急(神戸市中央区)で『キルト&手しごと展』が開催される。

 会場には小関鈴子、鷺沢玲子、三浦百惠といった全国で活動するキルト作家39人の作品が集結。布と布の組合せで1枚の絵のような世界観を表現した“手しごと”によるキルトの世界を堪能できる。

 その他、ハワイアンキルト作家マエダ・メグの本格的なタペストリーや1枚の布で作れる小物などを紹介するコーナーや、フランスの伝統的なクラフト「カルトナージュ」の作品コーナー、“和のキルト”や“和の小物”などを展示する「令和を祝う 和布のキルト」コーナーも設けられる。

 期間中、「キルトマーケット」も同時開催。生地や手芸用品、作家自身が制作した服や手作りキットを販売するショップなどが勢揃いする。

写真

この記事をシェア

お気に入り
期間
2020年2月26日(水)~3月2日(月)
場所
神戸阪急 本館9階 催場
(神戸市中央区小野柄通8丁目1-8)
GoogleMapで探す
時間
10:00~20:00
※最終日は18:00まで
※入場は終了時間の30分前まで
入場料
一般・大学生600円、高校生以下無料
問い合わせ
神戸阪急
TEL 078-221-4181

Kiss PRESS編集部:永山

PR

フィールドセブンがオートバックス明石内にオープン
フィールドセブンがオートバックス明石内にオープン

フィールドセブンがオートバックス明石内にオープン

続きを読む