兵庫県立美術館 開館50周年『超・名品 展』神戸市中央区

掲載情報は取材時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。

本物の「名品」とは?

兵庫県立美術館 開館50周年『超・名品 展』神戸市中央区

 4月11日から6月7日まで、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で開館50周年『超・名品 展』が開催される。

 今年は同館の前身である県立近代美術館が開館して50年目にあたり、同展はこれを記念して開催。開館以来、節目の折に開催してきた「名作展」「名画展」「秀作展」に続き、今回は“名品”に着目。50年間で美術の概念や社会における美術への期待のあり方が大きく変わる中で、「名品とは何か、何であったのか」「美術館や観覧者にとって、どのような可能性を持ちうるのか」といった真髄に迫る。

 展示品の時代区分は、下限を近代美術館開館の1970年前後に設定。50年という期間の中で美術の流れや評価がどう変わったのか、その背景を感じることができる。

 「時代をさかのぼって」のコーナーには、明治中頃から明治末・大正初頭までの作品を展示。身近な豆腐を描いた高橋由一の油絵『豆腐』や、兵庫生まれの和田三造が第1回文展に出品し最高賞を受賞、後に重要文化財にも指定された『南風』など幅広い作品が並ぶ。

 他にも、「芸術と芸術家の時代」「巨匠と大衆の時代」「美術館と歴史化の時代」といった構成を設け、個性豊かな“名品”の価値を探る。中には、兵庫・神戸ならではの名品も登場するという。

 期間中、講演会や学芸員によるレクチャー、ガイドツアー、子どもイベントなど様々な関連イベントも実施予定。

写真

この記事をシェア

お気に入り
期間
2020年4月11日(土)~6月7日(日)
※月曜休館(但し5月4日は開館、5月7日休館)
場所
兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1)
GoogleMapで探す
観覧料
〈前売〉一般1,100円、大学生700円
〈当日〉一般1,300円、大学生900円
※高校生以下 無料
開館時間
10:00~18:00
※金・土は20:00まで
※入場は開館の30分前まで
問い合わせ
兵庫県立美術館
TEL 078-262-0901

Kiss PRESS編集部:永山

PR

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。
夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

続きを読む