「介護マーク」の配布を開始

掲載情報は取材時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。

誤解や偏見をもたれることが無いように

「介護マーク」の配布を開始

 神戸市では、介護中であることを周囲に示すための「介護マーク」を2月3日から配布開始する。

 同マークは、外見から介護をしていることが分かりにくい人の介護において、異性のトイレ介助や、下着購入の際等に誤解や偏見をもたれることが無いように作成された。

 同マークを利用する場面として、外出先のトイレで介護者が付き添うときや、介護者が異性の要介護者の下着を購入するとき、介護をしていることを周囲にさりげなく知ってもらいたいときなどが挙げられている。ホームページ上からダウンロード・印刷のうえ、切り取って名札ケースに入れて首から下げる等、周囲に見えるように掲示して利用する。また、同マークは各区役所あんしんすこやか係などでも配布されている。

写真

この記事をシェア

お気に入り
配布開始日
2020年2月3日(月)
配布場所
こちらからダウンロード

②各区役所あんしんすこやか係

③各あんしんすこやかセンター

④各障害者地域生活支援センター

Kiss PRESS編集部:伊吹

PR

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。
夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

夢に日付を。輝く未来を。ワールドグループ。

続きを読む