『国蝶オオムラサキの越冬幼虫探し』丹波市

このイベントは終了しました。

調査後には石焼窯ピザの試食も

『国蝶オオムラサキの越冬幼虫探し』丹波市

 丹波の森公苑(丹波市)で3月7日、『国蝶オオムラサキの越冬幼虫探し』が開催される。要申し込み。

 同所では、生物多様性保全に向けた豊かな里山づくりを推進するため、平成19年から里山のシンボルである国蝶オオムラサキの飼育に取り組み、平成21年から毎年、オオムラサキの放蝶を苑内の里山で行っており、公苑内での放蝶も10回を数え、オオムラサキの舞う姿も目撃されるようになったという。

 オオムラサキは幼虫で越冬するため、冬は生息調査をしやすい季節でもあり、同イベントでは、幼虫を探すとともにオオムラサキの生息できる里山の環境について考える。また、調査後には石焼窯ピザの試食も実施予定。

写真

この記事をシェア

お気に入り
日程
2020年3月7日(土)
※雨天中止
時間
10:00~12:00
場所
丹波の森公苑セミナー室及び里山
(丹波市柏原町柏原5600)
GoogleMapで探す
定員
30人(先着順)
申し込み方法
申込書に氏名・住所・連絡先を記入の上、公苑まで申し込み
(申込方法:電子メール、郵便、電話、ファックス)
参加費
300円
申込み・問い合わせ
丹波の森公苑 活動支援部 森づくり課
TEL 0795-72-5165
FAX 0795-72-0899
メール m-mori@tanba-mori.or.jp
住所 〒669-3309丹波市柏原町柏原5600

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む