映画『AI崩壊』

その日、AIが命の選別を始めた。

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江悠監督最新作、10年後の日本を舞台にしたサスペンス大作『AI崩壊』が1月31日より公開される。

<ストーリー>2030年の日本。国家として崩壊寸前の日本で、AI(人工知能)は国民の個人情報や健康を管理する、人々の生活に欠かせないライフラインとなっていた。しかし、突如AIが暴走。個人情報から生きる価値を選別し、殺戮(さつりく)を始める。AIを暴走させたテロリストとして警察の捜査線上に浮かび上がったのは、開発者の天才科学者・桐生(大沢たかお)。桐生の決死の逃亡劇が始まる―。

公開日
2020年1月31日(金)
監督・脚本
入江悠
出演
大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス/岩田剛典/松嶋菜々子、三浦友和 ほか
配給
ワーナー・ブラザース映画
劇場(兵庫)
109シネマズHAT神戸
OSシネマズミント神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
TOHOシネマズ西宮OS
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ明石
イオンシネマ三田ウッディタウン
イオンシネマ加古川
アースシネマズ姫路
塚口サンサン劇場

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む