映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

このイベントは終了しました。

人類の限界に挑む2人の運命は―

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

 気象予測を実現することを目的に、酸素ボンベ無しで気球に乗って高度1万メートルを超える空の旅を生身で成し遂げた気象学者を主人公にした感動の実話『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』が1月17日より公開される。

 『博士と彼女のセオリー』で天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士と、彼を長年支え続けた妻ジェーンに扮したオスカー俳優コンビ、エディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズがW主演を務める。

<ストーリー>気象学者のジェームズ(エディ・レッドメイン)は、天気を予測することが出来ると信じ、学界からはバカにされ資金も集まらないが諦められないでいた。自由奔放な気球操縦士・アメリア(フェリシティ・ジョーンズ)に「空に連れていってほしい」と頼み込むジェームズ。アメリアは2年前に夫を亡くしてから生きる気力さえ失っていたが、悲しみから立ち直るための飛行を決意する。ようやくスポンサーも現れ、アメリアのショーとして、高度の世界記録に挑戦することに。観客の熱い声援に送られ飛び立った2人だったが、空の上には想像を絶する自然の脅威が立ちはだかる。果たして、前人未到の高度1万1000メートルで2人を待ち受けていたものとは─?

写真

この記事をシェア

お気に入り
公開日
2020年1月17日(金)
監督
トム・ハーパー
脚本
ジャック・ソーン
出演
フェリシティ・ジョーンズ、エディ・レッドメイン、ヒメーシュ・パテル、トム・コートネイ ほか
配給
ギャガ
劇場(兵庫)
シネ・リーブル神戸
イオンシネマ加古川

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む