元町映画館『バウハウス100年映画祭』神戸市中央区

20世紀にドイツに生まれたデザイン・アート・建築の奇跡

 元町映画館(神戸市中央区)で1月11日から24日まで『バウハウス100年映画祭』が開催される。

 1919年、近代建築の巨匠ヴァルター・グロピウスが第1次大戦後のドイツで芸術と技術の新たな統合を目指し創設された学校「バウハウス」。モダニズムのパイオニアとして、建築、インダストリアル・デザイン、グラフィック・アート、写真など広範な分野で世界に衝撃と感動をもたらし、今もなお世界中の建築やデザインに影響を与え続けているという。

 映画祭では、全6作品を4プログラムで上映。誕生から100年を迎える今、バウハウスとは一体何なのかを振り返り、伝説的な創造者たちが理想に燃えて突き進んだ時代に生み出された“奇跡”バウハウスを紐解いていく。

期間
2020年1月11日(土)〜24日(金)
※上映スケジュールはこちら
場所
元町映画館
(神戸市中央区元町通4丁目1-12)
GoogleMapで探す
詳細
上映作品など詳細はこちら

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む