このイベントは終了しました。

旧木下家住宅『四季の暮らしを彩る折形展』 神戸市垂水区

日本人の心と美意識に育まれた伝統文化

 舞子公園(神戸市垂水区)内にある旧木下家住宅で1月4日から15日まで『四季の暮らしを彩る折形展』が開催される。

 折形とは600年以上の歴史を持つ和紙で折り包む礼法。同展では、折形によるお正月にちなんだしつらいのほか、木下家が所有していた羽子板も展示。また会期中の1月8日と15日には、「お年玉包み」と「祝い箸包み」を作るワークショップ(要予約)も行われる。担当者は「上級武家の秘伝で江戸時代から昭和初期まで日本人の心と美意識に育まれた伝統文化をご堪能下さい」と来場を呼び掛けている。

開催期間
2020年1月4日(土)~15日(水)
※月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
開館時間
10:00~16:30(最終日は15:30まで)
場所
舞子公園 旧木下家住宅
(神戸市垂水区東舞子町2051番地)
GoogleMapで探す
入館料
大人100円、70歳以上50円、高校生以下無料
関連イベント
「折形教室」
開催日 1月8日(水)・15日(水)
時間 ①11:00~12:00 ②14:00~15:00
講師 神矢美恵子
定員 各回10人
材料費 1,100円
持ち物 筆記具・はさみ・ものさし
申し込み 1月13日(月・祝)までに要予約
申し込み・問い合わせ
舞子公園 旧木下家住宅
TEL 078-787-2050

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む