神戸市西区にカフェ併設いちご狩り園が誕生

このイベントは終了しました。

土にこだわり畑で栽培

神戸市西区にカフェ併設いちご狩り園が誕生

 神戸市西区の「いちご狩り園」が12月21日から新規オープンする。大人(中学生以上)限定。完全事前予約制。

 同所では、5年前よりイチゴ栽培を行っており、今期から農園近くにカフェを設け、カフェ併設のいちご狩り園として開園する。プランターや棚は使わず、畑の土を使い、畝(うね)を立てて栽培。畝栽培は土壌からいちご本来の味や香りを引き出すことができるという。また土にこだわり、強い粘土質が特徴の西区の土壌に植物100パーセントの堆肥、米ぬか、もみ殻などを入れ、土づくりを行っており、甘味と酸味のバランスが良いさちのかと甘味が強い紅ほっぺが栽培されている。

 農園の前にカフェのテラス席が設けられ、もぎ取ったイチゴやスムージー、ジェラート、いちごミルクなどのフルーツホットドリンクなどを堪能できる。入園料300円、100グラム350円で販売される。(もぎ取った分を購入)

写真

この記事をシェア

お気に入り
開園日
2019年12月21日(土)~
場所
いちご狩り園
(神戸市西区平野町繁田589)
GoogleMapで探す
入園料
300円
※イチゴは100gあたり350円
※小学生以下入園不可
予約
こちらから確認
問い合わせ
HPの予約フォームから

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む