『アップかんなべスキー場』シーズンオープン 豊岡市

昨年オープンの「雪のゆうえんち」がバージョンアップ

 神鍋高原 アップかんなべスキー場(豊岡市)が12月28日にシーズンオープンする。

 同スキー場は、初めてスキー・ボードに挑戦する人におすすめという平均斜度7度の「うえ野平ゲレンデ」や、キッズエリアが場内2か所に設けられるなど初心者やファミリーでも安心して楽しむことができ、スピードが出る疾走フラットバーンや、ナイター組にも人気という650メートルのロングコースなど中級者から上級者向けのコースも設けられている。

 また、昨年よりオープンした「雪のゆうえんち」がバージョンアップして今年も開園。サウスエリア(中央ゲレンデ)に加え、ノースエリア(うえ野平ゲレンデ)が新設され、空気でふくらんだ大きなふわふわ遊具や浮き輪型のスノーチューブに乗って楽しむ雪のメリーゴーランドや、雪のままごとハウス、一面の銀世界を堪能できる熱気球が楽しめる(サウスエリアのみ)。

 そのほか、同スキー場初の試みとなる体験型リアル謎解きゲームが新登場。「雪のゆうえんち」ノースエリア(うえ野平ゲレンデ)で期間中毎日実施。スキー場から雪を盗む敵を倒すためスタッフの一員となり屋内の謎解きゲームと野外のアクティビティにチャレンジする。参加にはチケット購入が必要で、開始時間10分前に指定の場所に集合、パンフレットを見ながら制限時間内に謎を解く。5歳以上が対象の「やさしい」と小学生向きの「むずかしい」が設けられており、家族で協力しながら謎解きが楽しめるという。

日程
2019年12月28日(土)~2020年3月中旬予定
※開始日は延期の可能性あり
場所
神鍋高原 アップかんなべスキー場
(豊岡市日高町栗栖野59-78)
リフト券
1日券
大人 平日3,800円、休日4,500円
子ども 平日、休日3,000円

こちらから確認
問い合わせ
中央ゲレンデ事務所
0796-45-1545

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む