src-web03
阪神・淡路大震災25年事業『災害時のいのちと暮らしを守る』シンポジウム

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

阪神・淡路大震災25年事業『災害時のいのちと暮らしを守る』シンポジウム

被災地で健康な生活を支援するための看護の役割とは

 兵庫県看護協会会館(神戸市中央区)にて阪神・淡路大震災25年事業『災害時のいのちと暮らしを守る』が開催される。要申し込み。

 阪神・淡路大震災の教訓を忘れず、伝え、活かし、今後起こりうる大規模災害に住民とともに備える機会として、同シンポジウムを開催。大災害発生後の避難所や地域で、被災者のいのちと暮らしを守り、健康な生活を支援するための看護の役割とは、といったテーマで講演会やパネルディスカッションなどが実施される。定員400人。

写真

詳細情報

日程
2020年2月2日(日)
時間
13:00~16:00(シンポジウム受付 12:30~)
場所
兵庫県看護協会会館 2階「ハーモニーホール」
(神戸市中央区下山手通5丁目6番24号)
GoogleMapで探す
参加費
無料
申し込み
必要事項を記入のうえ郵送またはFAXで申し込み
申し込み用紙はこちら

※宛先
(FAX)078-361-7802、
(郵送)〒650-8571(住所不要)神戸新聞社メディアビジネス局「災害時のいのちと暮らしを守るシンポジウム」係宛
申し込み締め切り
2020年1月14日(火)※応募多数の場合は抽選、聴講券の発送をもって発表
問い合わせ
災害時のいのちと暮らしを守るシンポジウム実行委員会
(神戸新聞メディアビジネス局企画推進部内)
TEL 078-362-7077(平日9:30~17:30)

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる