街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

大震災から25年、経験や教訓はどのように活かされたのか?

21世紀文明シンポジウム『阪神・淡路大震災25年~創造的復興を総括し未来へ提言する』神戸市中央区

 神戸新聞松方ホール(神戸市中央区)にて2月4日、21世紀文明シンポジウム『阪神・淡路大震災25年 ~創造的復興を総括し未来へ提言する』が開催される。参加無料、要申し込み。

 同イベントでは、大震災から25年を迎えるのを機に、これまでの足跡を総括するとともに災害復興のあり方について議論が行われる。これまでの歩みや現状を踏まえ、創造的復興はどこまで成し遂げられたのか、その経験や教訓は東日本大震災をはじめその後の災害の復旧・復興にどのように活かされたのか、南海トラフ地震など次なる災害の発生が懸念されるなか、震災体験を風化させることなく苦難の歴史から何を学び取りどのように備えるべきかなどについて、基調講演やパネルディスカッションが実施される。

 募集人数は500人、1月24日まで先着順で申し込みを受け付けている。

写真

詳細情報

日程
2020年2月4日(火)
場所
神戸新聞松方ホール
(神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階)
GoogleMapで探す
時間
13:00~17:00
募集人員
500人
参加費
無料(先着順)
申し込み方法
■FAXまたは郵送の場合
参加申込書(参加者募集チラシ裏面)に必要事項を記入のうえ下記申し込み先に送付

(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究戦略センター
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 人と防災未来センター東館6F

■E-mail の場合
件名を「21世紀文明シンポジウム」として、①名前 ②所属 ③住所 ④電話番号
を記入のうえ下記申し込み先に送信

gakujutsu@dri.ne.jp

申し込み期限
2020年1月24日(金)まで
問い合わせ
(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究戦略センター
TEL 078-262-5713
FAX 078-262-5122
メール gakujutsu@dri.ne.jp

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる