伊丹市立美術館『浅野竹二 版を奏でる』伊丹市

味わい深いモチーフが魅力

 伊丹市立美術館(伊丹市)で1月18日から3月1日まで展覧会『浅野竹二 版を奏でる』が開催される。

 浅野竹二さんは、京都生まれの木版画家。自画、自刻、自摺りにこだわり独自の世界を貫き、50歳にして初めて「自由版画」の個展を開催した。同展では、動物たちのとぼけた表情や、人生の哀歓を感じさせる人物など、味わい深いモチーフが魅力的な浅野さんの芸術世界を、創作版画の変遷とともにたどる。

日程
2020年1月18日(土)~2020年3月1日(日)
場所
伊丹市立美術館 2F展示室(1室)、B1F展示室(2室)
(伊丹市宮ノ前2-5-20)
GoogleMapで探す
休館日
毎週月曜(月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)
料金
一般500円、大高生250円、中小100円
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
問い合わせ
伊丹市立美術館
TEL 072-772-7447

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む