映画『ぼくらの7日間戦争』

自分らしく生きると決めた。

 1985年に刊行された宗田理による同名作品が、舞台を2020年の北海道へと移し初の劇場アニメーションとして生まれ変わる『ぼくらの7日間戦争』が12月13日より公開される。

 北村匠海、芳根京子のほか、同作の実写映画化(1988年公開)で主演を務めた宮沢りえが声優として出演している。

<ストーリー>いつもひとりで本ばかり読んでいる守(北村匠海)はある日、片思いする幼馴染の綾(芳根京子)が父親の仕事の都合で東京に引っ越すことを知る。「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」彼女の本音を聞いた守は思い切って「逃げましょう…!」と告げる。綾の親友・山咲香織、明るく人気者の緒形壮馬、ノリのいい阿久津紗希、秀才の本庄博人までもがこの逃避行に加わり、駆け落ちを夢見ていた守は拍子抜け。もう使われていない古い石炭工場を秘密基地にただ7日間、大人から隠れるだけの“バースデー・キャンプ”が始まる。しかし、その夜、工場に潜んでいたタイ人の子どもマレットと出会ったことで、事態は想像もしなかった方向へ―。

公開日
2019年12月13日(金)
原作
宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
監督
村野佑太
脚本
大河内一楼
声の出演
北村匠海、芳根京子、宮沢りえ(特別出演) ほか
配給
ギャガ
劇場(兵庫)
OSシネマズミント神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹
MOVIXあまがさき
アースシネマズ姫路

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む