第8回城郭市民セミナー『姫路藩の木綿専売と商人の活動』 姫路市

商人たちの視点から姫路藩木綿専売制の実像について語る

 日本城郭研究センター(姫路市)2階大会議室で12月21日、第8回城郭市民セミナー『姫路藩の木綿専売と商人の活動』が開催される。参加無料。

 江戸時代、多くの藩が財政難打開のために専売制を実施する中、姫路藩の木綿専売制は数少ない成功例として評価されてきた。しかし、丹念に史料を見ていくと、専売制を担う特権的な商人とそれに対抗する商人たちとの間で様々なせめぎ合いがあり、それに伴って、専売制も変化していったことが分かるという。今回の講演では、広島県立文書館の西向宏介氏が、商人たちの視点から、姫路藩木綿専売制の実像について語る。

開催日
2019年12月21日(土)
時間
13:30~15:00
場所
日本城郭研究センター 2階大会議室
(姫路市本町68-258)
GoogleMapで探す
参加費
無料
定員
先着180人
講師
西向宏介(にしむかいこうすけ)氏(広島県立文書館主任研究員)
申し込み
こちらから確認
問い合わせ
姫路市城郭研究室
TEL 079-289-4877

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む