神戸市立博物館 特別展『建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―』

建築と人間、文化、社会との関わりを探る

 神戸市立博物館(神戸市中央区)で1月11日から3月1日まで特別展『建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―』が開催される。

 1899(明治32)年、工匠の竹中藤右衛門が竹中工務店を神戸で創立。竹中家と建築は今から400年以上前、織田信長の普請奉行を務めた竹中藤兵衛正高から関係が深いという。以来、竹中家と竹中工務店は多くの建築を施工し、人々の暮らしと文化を現代まで支えている。

 同展では、竹中工務店とその前身である工匠時代の竹中家が手がけた多様な建築を、「建築と人間との関わり方」という視点で8つに分類し紹介。古文書、写真、模型、図面、映像など竹中工務店が所蔵する豊富な建築関係資料と、その建築に関する歴史資料、美術資料を組み合わせ、建築の特徴と人々・社会による受容のあり方を検証。長きに渡り受け継がれてきた建築の多様な魅力を再発見できる構成となる。

 期間中、記念講演会や学芸員による展覧会の見どころ解説、建築見学会など関連イベントも多数実施される。

期間
2020年1月11日(土)~3月1日(日)
場所
神戸市立博物館
(神戸市中央区京町24番地)
GoogleMapで探す
休館日
月曜、1月14日(火)、2月25日(火)
※1月13日(月・祝)、2月24日(月・振)は開館
開館時間
10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※毎週土曜は21:00まで開館
鑑賞料
一般1,000円、大学生500円、高校生以下 無料
問い合わせ
神戸市立博物館
TEL 078-391-0035

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:永山

続きを読む