このイベントは終了しました。

神戸市内の街灯ライトアップやフォトコンテストも『世界エイズデーイベント』

全12ヶ所の街灯を赤くライトアップ

 神戸市では、12月1日の世界エイズデー(WorldAIDSDay)に、市内の街灯ライトアップを実施。また、点灯された街並みをインスタグラムへ投稿するフォトコンテストも行われる。

 世界中のHIV感染者数は3,690万人と報告され(2017年末時点)、世界では1日に約1650人の15歳~24歳の若年者がHIVに感染しているという。「世界エイズデー」は、世界レベルでのエイズの蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的にWHO(世界保健機関)が1988(昭和63)年に制定。シンボルである「レッドリボン」は、エイズへの理解と支援を意味し、同日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われる。

 神戸市内では、ハーバーランド線照明灯や兵庫運河新川プロムナード、BEKOBEモニュメント(しおさい公園)、メリケンパークなど各施設の協力を得て、全12ヶ所の街灯を赤くライトアップする。また、啓発資材がしおさい公園BEKOBEモニュメント周辺とメリケンパークBEKOBEモニュメント周辺で配布される。

 そのほか、12月1日から8日まで、赤色に点灯された街並みをインスタグラムへ投稿し、神戸市からレッドリボンのメッセージを写真を世界へ発信するフォトコンテストが実施され、投稿者の中から抽選で50人に景品が贈られる。

詳細
■街灯ライトアップ
12月1日(土)日没~各施設消灯まで
ライトアップスポット(ハーバーランド線照明灯、兵庫運河新川プロムナード、BEKOBEモニュメント(しおさい公園)、メリケンパークなど全12か所)

■「♯神戸レッドリボン2019」フォトコンテスト
12月1日(土)~8日(日)
応募方法
①インスタグラムの公式アカウントをフォロー
②12月1日に点灯する上記ライトアップスポットで写真を撮影
③ハッシュタグ「♯神戸レッドリボン2019」を付けてインスタグラムに投稿
詳細はこちらから

■啓発グッズの街頭配布
12月1日(日)16:00~18:00(予定)
場所 しおさい公園BEKOBEモニュメント周辺、メリケンパークBEKOBEモニュメント周辺

■HIV・AIDSセミナー
12月7日(土)15:00~17:00
場所 TKP三宮カンファレンスセンターホール5A
対象 HIV/AIDSに関わる医療従事者・学生、福祉施設職員、教育関係者、養護教諭の方優先
定員 100人程度(申込不要・先着順)

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む