このイベントは終了しました。

武庫川女子大学『甲子園会館ライトアップ2019』 西宮市

「まんぷく」ロケ地で注目 阪神間モダニズム建築と和庭園のライトアップ

 武庫川女子大学の上甲子園キャンパスで11月30日と12月1日の2日間、『甲子園会館ライトアップ2019』が開催される。入場無料。

 国の登録有形文化財である甲子園会館(旧甲子園ホテル)と日本庭園をライトアップする毎年恒例の同イベント。2018年開催時には、NHK朝のドラマ「まんぷく」ロケ地として注目を集めたこともあり、2日間で6800人を超える来場があったという。会場の上甲子園キャンパスでは現在、校舎の建築工事が行われているため、ライトアップ規模を多少縮小したうえでの実施となるという。

 甲子園会館は、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト(米・1867~1959)の愛弟子・遠藤新(1889~1951)が設計し、「打出の小槌」を主題にしたオーナメントや緑釉瓦、西ホールの天井に見られる市松格子など、壮麗な洋風建築に日本の伝統美が随所に取り入れられている。イベント期間中は、阪神間モダニズムを代表する洋風建築物として知られる同館のライトアップに加えて、建築学科の校舎である建築スタジオの部分公開、学生らによるコーラスやオーケストラといったパフォーマンスなどが繰り広げられる。食堂ではライトアップにちなんだメニューも登場し、冬の風物詩となったイベントをゆったりと楽しむことができそうだ。

開催日
2019年11月30日(土)・12月1日(日)
時間
17:00~20:00(開門16:30)
場所
武庫川女子大学 上甲子園キャンパス
(西宮市戸崎町1-13)
GoogleMapで探す
入場料
無料
問い合わせ
武庫川女子大学建築学科
TEL 0798-67-4501

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む