映画『さらば愛しきアウトロー』Cinema KOBEで上映

愛と犯罪と逃亡のエンターテインメント

 ハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作で、16回の脱獄と90回以上の銀行強盗を繰り返した実在する伝説のアウトローを描く『さらば愛しきアウトロー』がCinema KOBE(神戸市兵庫区)で上映される。11月9日から15日まで。

<ストーリー>1980年代アメリカ。紳士的な犯行スタイルで、銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した伝説の銀行強盗フォレスト・タッカー(ロバート・レッドフォード)。事件を追うジョン・ハント刑事(ケイシー・アフレック)は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼を追いかければ追いかけるほどフォレストの生き方に魅了されていく。フォレストが堅気でないと感じながらも、心奪われてしまった恋人もいた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが―。

期間
2019年11月9日(土)~15日(金)
※上映時間はこちら
※映画『殺し屋』と2本立て上映
場所
Cinema KOBE
(神戸市兵庫区新開地6丁目2-20 リフレ神戸101)
GoogleMapで探す
作品
公開日:2019年7月12日(金)
監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ロバート・レッドフォード、ケイシー・アフレック、シシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、トム・ウェイツ
配給:ロングライド
料金
一般 1,500円、学生・女性・シニア1,100円
小中高生 800円
※割引については公式サイトを確認
問い合わせ
Cinema KOBE
TEL 078-531-6607

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

ピックアップで掲載中

続きを読む