姫路文学館『「立原えりかのグリム童話」絵本原画展』 姫路市

立原えりかさんと24人の画家たちによる新しいグリム童話

 姫路文学館(姫路市)で12月24日まで『「立原えりかのグリム童話」絵本原画展』が開催されている。

 「白雪姫」「ヘンゼルとグレーテル」「赤ずきん」など、世界中で親しまれているグリム童話。同展では、グリム童話刊行200年を機に2013年10月から2014年3月にかけて「朝日小学生新聞」に掲載された「立原えりかのグリム童話」の原画(一部CG作品・複製画を含む)と物語を一堂に展示。童話作家・立原えりかさんの文章に、田村セツコさん、尼子騒兵衛さん、永田萠さんなど第一線で活躍中のイラストレーター、絵本作家、漫画家、版画家などがそれそれの世界観で描いた作品を鑑賞することができる。

 また会期中には、講演会(12月14日)も行われる。

期間
2019年11月9日(土)~12月24日(火)
※月曜日休館
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
姫路文学館
(姫路市山野井町84)
GoogleMapで探す
観覧料
一般310円、大学・高校生210円、中学・小学生100円(常設展料金)
※20人以上の団体は2割引
関連イベント
・オープニングコンサート「ピアノで綴るグリム童話」
日時 11月9日(土)14:00~15:00(開場13:30)
出演 安保美希さん(ピアニスト)
参加料 無料

・講演「グリム童話の秘密」(第3回姫路文学館友の会研修講座)
日時 12月14日(土)13:30~15:00(開場12:30)
出演 野口芳子さん(梅花女子大学大学院教授・武庫川女子大学名誉教授)
参加料 友の会会員は無料、非会員は500円
問い合わせ
姫路文学館
TEL 079-293-8228

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む