兵庫県立人と自然の博物館『知ろう!学ぼう!総合治水展』 三田市

模型を使った実験やワークショップも

 兵庫県立人と自然の博物館(三田市)で11月2日から12月15日まで『知ろう!学ぼう!総合治水展』が兵庫県県土整備部土木局総合治水課との共催で開催される。

 兵庫県では、平成24年に総合治水条例を制定し、河川や下水道を整備する「ながす」対策、校庭やため池などを活用して雨水を一時的に貯蓄したり、地下に浸透させる「ためる」対策、浸水が発生した場合でも被害を軽減する「そなえる」対策を柱とした「総合治水」に県民や市町と共に取り組んでいる。

 同展では、県下の工業高等専門学校や工業高校と連携して製作した模型や総合治水の役割・取り組みなどを紹介したパネル、家庭用雨水タンクの展示を実施。また模型を使った実験や雨の日を楽しむワークショップも併せて行われる。

開催期間
2019年11月2日(土)~12月15日(日)
時間
10:00~17:00
場所
兵庫県立人と自然の博物館 4階ひとはくサロン
(三田市弥生が丘6丁目)
GoogleMapで探す
観覧料
大人200円、大学生150円、70歳以上100円、高校生以下無料
問い合わせ
兵庫県立人と自然の博物館
TEL 079-559-2001

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む