日本玩具博物館・冬の特別展『世界のクリスマス』姫路市

各地の風習とともにヨーロッパのクリスマスの風景を紹介

 日本玩具博物館(姫路市)で冬の特別展『世界のクリスマス』が、10月26日から来年1月19日まで開催される。

 クリスマスの飾りを通して世界各地のクリスマス風景を知ることができ同展は、今年で34回。今年はクリスマスシーズンのカレンダーに注目して、クリスマスの準備から、復活祭や聖霊降臨祭とともにキリスト教最古の三大祝日の一つである公現節(エピファニー)までの各地の風習とともにヨーロッパのクリスマスの風景を紹介、世界約55カ国、約1000点が展示される。そのほか、学芸員による展示解説会(日程要確認)や、クリスマス絵本朗読会(12月22日)を実施予定。

 なお、現在、1号館で開催中の平成時代に流行した玩具や人形を展示する「平成おもちゃ文化史」が好評のため、会期を延長して来春まで開催されるという。

日程
2019年10月26日(土)~2020年1月19日(日)
場所
日本玩具博物館 6号館 特別展示室
(姫路市香寺町中仁野671-3)
GoogleMapで探す
休館日
毎週水曜(祝日は開館)
入館料
大人600円、高大生400円、子ども(4才以上)200円
関連イベント
・展示解説会(自由参加)
日時 11月24日、12月1日、12月8日、12月15日、12月24日(すべて日曜)
   各回14:30~50分程度
※要入館料

・クリスマス絵本朗読会(自由参加)
日時 12月22日(日)
   ①13:30~ ②15:00~

※要入館料
問い合わせ
日本玩具博物館
TEL 079-232-4388

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む