神戸どうぶつ王国「アメリカバク」を新展示場で公開スタート

より近く、毛並みや息遣いまで感じられる展示に

 神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)内の「熱帯の森」に、アメリカバクの新展示場が10月5日にオープンした。

 アメリカバクは南アメリカに分布し、既存する有蹄目の中ではもっとも原始的で鼻と上唇を長くのばして食物を捕る動物。子供の頃は縦縞の模様があるが、1年ほどで無くなるという。成体で体長約200センチ、体重は約200キロから250キロにまで成長する。

 新展示場は来場者とアメリカバクの間に檻やネットなど遮るものがほとんど無く、数本の倒木のみ。息遣いまで感じられるような造形、さらにガジュマルや着生植物などを植栽し、より野生に近い環境を再現している。なお、イベント「バクのおやつタイム」は一時休止中。

開始日
2019年10月5日(土)~
場所
神戸どうぶつ王国 熱帯の森
(神戸市中央区港島南町7-1-9)
GoogleMapで探す
入園料
大人(中学生以上)1,800円、小学生1,000円、幼児(4歳・5歳)300円、
シルバー(満65歳以上)1,300円
※シルバー料金は公的機関の年齢証明できるもの(運転免許証など)を提示
※全て税込
営業時間
こちらで確認
問い合わせ
神戸どうぶつ王国
TEL 078-302-8899

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:永山

ピックアップで掲載中

続きを読む