『武家と茶の湯』神戸市東灘区

武家に縁のある茶の湯の道具約60点を紹介

 香雪美術館(神戸市東灘区)で10月26日から12月20日まで展覧会『武家と茶の湯』が行われる。

 桃山時代から江戸時代初期にかけて「わび茶」の形成に大きく貢献した千利休や、古田織部、小堀遠州ら大名が茶の湯の新たな潮流を作り出した。江戸時代には、武家にとって必須の教養となり多くの大名が茶の湯に深く傾倒したという。
 
 同展では、同館所蔵の村山コレクションから、武家に縁のある茶の湯の道具約60点を紹介。また、会期中の毎週土曜日(11月23日は除く)には14時から学芸員によるギャラリートークが実施される。

続きを読む