キーナの森『秋の里山観察会』 神戸市北区

貴重な自然や希少な生きものたちを観察

 あいな里山公園(国営明石海峡公園神戸地区)に隣接する里山「キーナの森」で10月19日、『秋の里山観察会』が開かれる。現在、参加を受け付けている。

 「キーナの森」は、生物多様性保全のシンボル拠点として市が整備する公園で、里山や生物多様性について学んでもらおうと昆虫観察や里山暮らし体験といったイベントも開催されている。園内では、モリアオガエル・カスミサンショウウオをはじめ貴重な動物が生育していたり、クスノキやヤマモモ、ホオノキなどの大木があったりと、豊かな自然を感じることができる。

 同イベントでは、講師とともに秋の里山の自然や生きものを観察しながら、園内を散策する。参加には電話やメールによる事前申し込みが必要となっており、定員は30人まで。応募者多数の場合は抽選となる。

開催日
2019年10月19日(土)
時間
9:15~12:30
場所
キーナの森
(神戸市北区山田町藍那、神戸市西区押部谷町木津)
GoogleMapで探す

集合場所は神戸市役所3号館玄関前
(神戸市中央区加納町6-5)
GoogleMapで探す
参加料
無料
定員
30人
※応募者多数の場合は抽選
参加方法
電話または、件名を「観察会申込み」として住所・氏名・年齢・性別・電話番号・連絡先メールアドレスを記入の上、メールにて応募
※申し込みは2019年10月8日(火)21:00まで
申込・問い合わせ
神戸市イベント案内・申込センター
TEL 078-333-3372(申込み受付時間 9:00~21:00)

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む