花時計がラグビーをモチーフにしたデザインに

このイベントは終了しました。

シロタエギク・アキランサス・タマリュウなど約3000株

花時計がラグビーをモチーフにしたデザインに

 神戸市中央区にある花時計のデザインがラグビーをモチーフにした図案に変更される。期間は9月19日から10月下旬まで。

 同図案は9月20日から開催される「ラグビーワールドカップ2019™」にちなんでデザイン。ラグビーボールとゴールポストを表しており、ラグビーワールドカップが神戸で開催されるにあたり、市一体となって機運を醸成し、大会まで盛り上げていきたいという思いで作成された。

 使用する花は、シロタエギク(白)1000株、アキランサス(赤)300株、タマリュウ(緑)700株、アキランサス(黄)1000株の合計3000株で構成されている。

写真

詳細情報

期間
2019年9月19日(木)~10月下旬
場所
神戸市中央区加納町6丁目
GoogleMapで探す
観覧料
無料

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む